cassiopeia のブログです
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013年の近況
 2013年もはや2月をむかえ
季節も少しずつ春へ向かっていくのを感じる今日この頃です。

 阪急電車の線路を背中にし、関大前と千里山の駅のちょうど間にあった
スペースカシオペイアを、昨年3月に大阪市淀川区西中島という新大阪に近い
エリアに移してまもなく1年を迎えます。

 以前はギャラリースペースとしてアートを中心に活動してきました。

この1年は「心と体」をコンセプトに、長年学んできたヨガ、ボディワーク
を中心に活動しつつ、ときどき企画を行ったり、スペースを気に入ってくれた
方にお貸ししてきました。

お貸しする場合においても、「心と体」のコンセプトに
沿った方に限らせていただきました。

自主企画も同様で展示会開催は
「タイの草木染 手織り うさとの服展示会」のみを春、秋に
2度行いました。特に秋の展示会では、「大麻(ヘンプ)」に注目
されている方が沢山いらしたこともあり、私自身のヘンプへの興味も
またあらためて深まっていったように思います。

 今後もカシオペイアは「体と心」、また私たちを取り巻く見えない世界を
意識しつつ、ニュートラルな活動を続けていきたいと思っております。

ヨガのレッスンやボディワークのセッションが活動の中心になりますが、
スペースも(小スペースである、スペースカシオペイアと、少し広いスタジオ ホルトヨガ大阪スタジオ)有効に利用しながら、新たな出会いを模索していきたいと
思っています。

毎月の予定はホームページにアップしておりますので、お越しの際はご連絡をお願いいたします。

http://cassiopeia.moo.jp/gallery.html

みなさまとの再会を楽しみに・・・チドリ 田中優佳
うさとの服展示会2012.秋

 うさとの服展示会@ホルトヨガ大阪スタジオ 2012・秋

カシオペイア主催
タイの草木染 手織り
うさとの服 展示会
  in ホルトヨガ大阪スタジオ


2012年 9月21日(金)〜23日(日)
午前11時〜午後7時(最終日は午後6時まで)


「いのち」はつながってこそ輝くもの。
「衣」と「場」が人でつながって
光が生まれるような展示会になればと思っています。

今回は、春に開催したカシオペイアと
同じビルにあるヨガスタジオでの開催。
ヒノキ床の清々しい空間です。


〔カフェスペースもあります〕
大阪・中津商店街にあるカフェ「mitoあ」が
3日間出張カフェを開いてくれることになりました。
おいしい生豆手炒りコーヒーをぜひどうぞ。


《主催》カシオペイア http://cassiopeia.moo.jp/
《連絡先》090-3999-0304 cassiopeia39@gmail.com
《場所》ホルトヨガ大阪スタジオ(大阪市淀川区西中島3-19-19寿ビル4F)

枇杷葉温灸研究会
 略して
ビワケン

月に一度、友人のKさんと二人でやっている。

温灸をすると、部屋の中はとても煙たい。
そして、終わった後は二人とも煙くさい。

もぐさにいぶされて
とても浄化された状態になっているような気がする。

Kさんは春ごろから「おヂィさん」に悩ませれている。
今は、体の声を聴きながら、禁酒したり、食生活を
見直したりして、だいぶ良いようだ。
もちろん、この枇杷葉温灸をお互い月に一回やることも
かなりの効果をあげている。

私は、体質的に冷えがあるようで、
特に婦人科系が弱い。
血の道症というやつか。だから、へそ周辺への
温灸の効果はとてもよい。

こんな感じで、
真夏ですが、
熱い健康法を研究している
ビワケンでした。
重松壮一郎ピアノコンサートwithヨガ 「音に溶けて立つ」
7月14日土曜日にピアニストの重松壮一郎さんとヨガでコラボレーションさせて
いただきます。
運営に関わっているモモの家の夏の企画です。

詳しくは↓をご覧ください

モモの家の初夏のイベント
重松壮一郎ピアノコンサートwithヨガ
「音に溶けて立つ」

モモオリジナル夏野菜のランチ(デザート付)1000円(コンサートとは別料金です)
もご予約できます。(前日までに)

12時〜13時半ぐらいまで
ランチタイムです。
夏野菜のランチを召し上がれ。

14時〜16時まで
ピアノコンサート
●前半
ピアノとヨガプログラム
30分〜40分
私、チドリこと田中優佳が先導させていただきます。
ゆっくりとした動きと呼吸をしながら、
自分自身の中心に意識を傾けていきます。
ピアノのやさしい波動がサポートしてくれます。
(動きやすい服装でお越しください)
●後半
重松壮一郎ソロピアノ
新しい楽曲も楽しめます。ほぐれた体と心に
染み入るライブです。

参加費:一般 前売2200円 当日2500円 / 小中高生・障がい者 前売1500円 当日2000円
       (1ドリンク付き /未就学児無料)
  • 出演: 重松壮一郎(ピアニスト、作曲家)
  • ヨガ指導: 田中優佳(ホルトヨガエデュケイター、プラナサージプラクティショナー

会場:モモの家(ご予約もこちらまでお願いします)
tel / fax: 06-6337-8330 mail: office@momo-family.org

または、カシオペイアまで 090−3999−0304 39cassiopeia-2@ezweb.ne.jp(田中優佳)

シェーナウの想い&内部被ばくを生き抜く DVD上映会します
今月、二つの映画
「シェーナウの想い」「内部被ばくを生き抜く」の上映会を吹田市泉町のコミュニティハウス モモの家で開催いたします。
何を隠そう、カシオペイアはモモの家の運営委員会「モモクリエイティブ(通称モモクリ)」のメンバーです。 http://www.momo-family.org/ 
の西尾さんのお申し出もあり、
タイミングもよく話がトントン拍子に決まりました。

1週おいての連続上映ですが、
特にシェーナウの想いは、注目されている方がたくさんいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

動画もごらんになれます。http://www.youtube.com/watch?v=KD_2CAAA9gs

■ドイツ南西部、人口2500人の小さなまち、シェーナウ市。チェルノブイリ原発事故後、こどもたちの未来を守るため、100パーセント自然エネルギーの電力会社をつくる軌跡を描いたドキュメンタリー映画「シェーナウの想い」2008年ドイツ。60分。

この機会にぜひお越しください。
そして、鑑賞後みなさんと語り合いましょう。


皆さまのおいでを心よりお待ちしておりま〜す。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 屮轡А璽淵Δ料曚ぁ彎絮撚颪肇轡Д▲螢鵐
6/13(水) 18:30開場、19:00〜上映
参加費 500円
※おにぎりの販売もします☆

南ドイツの人口2000人のシェーナウは、住民たちが立ち上がり、
自分達の手元にエネルギーを取り戻しました。その様子をつづった
ドキュメンタリー映画「シェーナウの想い」を鑑賞した後、皆で
想いをシェアリングしましょう。


<問い合わせ&予約> 今堀 洋子 
maho0927@gmail.com
<当日の問い合わせ> モモの家  06-6337-8330

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◆崙睇被ばくを生き抜く」上映会とシェアリング
6/27(水) 17:30開場、18:30〜上映
参加費 1000円

鎌仲ひとみ監督の最新作、「内部被ばくを生き抜く」を鑑賞し、
目の前にある危機に、どのような心構えで備えるのか、共に
語り合いましょう。

<問い合わせ&予約> 今堀 洋子 
maho0927@gmail.com
<当日の問い合わせ> モモの家  06-6337-8330
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ザ・ディ・オブ・メッセージ
ザ・ディ・オブ・メッセージというイベントが十三のシアターセブンで行われます。
たなかまこと氏が詩の朗読で参加します。どうぞよろしく☆

さて、しばらく更新のない日々でしたが、
元気で生きております。

はや5月。GWです。

たなかまこと氏のことをちょっとご紹介。

大阪市出身在住の40代後半の男性。人柄は一見温厚です。30代前半で事故により、身体にダメージを受け、いろんなところが壊れてしまいましたが、持前の明るさ?と家族の献身に支えられ、辛抱づよく過酷なリハビリ生活を経て現在に至る。

リハビリ生活の中で、さまざまなアート活動を行ってきました。その中のひとつに詩作があります。4年ほど前から、突然「わたしは青い地球」という言葉がふってきたと本人は言っています。その後、月に1作ほどのペースで詩作を続けています。ネットワークMOMOの通信「モモだより」に毎月掲載中。
http://www.momo-family.org/
ときどき、イベントなどで詩の朗読を披露しています。

今後は、カシオペイアの主催で、彼の朗読会を開くこともあるかも?
みなさま応援してくださいませ!!
うさと展終了!
 新しいカシオペイアでの初めての企画
うさとの服展が4月1日に終了しました。

3日間、いろいろな方々が来て、試着してもらったり、お話をしたり
忙しいながらも、それはそれは楽しい時間でした。

今回もうさと展パートナーのまさや君のすばらしい仕事ぶりと、
ともよさん、ゾーイさんのサポートや、
最終日に手伝っていただいたじょーじさんに心からお礼申し上げます。

ありがとう!!


うさぶろうさんの本も出て、
まだ私は読んでいないのですが、
まさや君曰く
「すばらしい!!」
ということです。

私も、今までうさとの服とは、
仲間たちとの展示会のヘルプなどで
長いおつきあいなのですが、
自分たちが主催していく中で実感する
「うさとの服」の魅力が
前回よりも増していくのを感じます。

また、新しい場所は交通の便も良いことから
どうも来易いようだなと、
場所の魅力も見直しました。

なんにせよ、いい仕事
そしてハタラクことの喜びを感じました〜!!
これが私のテーマですからね。

私のできることは、限りがありますけど、
自分より若い世代が、
こういう素敵な仕事に関わることで
自分の可能性や仕事のすばらしさに
心をひらいてくださることが
とてもうれしいです。

次のうさと展は9月です。
うさと展 明日から 
会場の風景1まさやくん会場の風景2

移転初の展示会
うさとの服展が3月30日より開催

29日は準備でした。

いやぁ、これまでこのオフィスがどんな空間に変身するのか?
モノをかたづけながら、いろいろとイメージしておりましたが、
やっぱりそれは、自分が決めるのではないのだなとはっきりわかりました。

うさとの服はやっぱりすごいエネルギーを持っていて
展示がすすむにつれて、場が決まってきます。

もちろん、それをサポートする我々のエネルギーも
捨てたもんではありません。

服の持つエネルギーに逆らわず
どんな風にしたら気持ちよく場を整えられるか
ということだけかな。

とっても素敵な空間になりました。

明日からが楽しみです。


2012.3春 うさとの服 in cassiopeia
 





タイの手織り草木染
「うさとの服」展示会を行います。

私チドリがかかわるコミュニティ モモの家 http://www.momo-family.org/ 
がご縁でつながった「うさとの服」

着る人にやさしい天然素材、天然染料の衣
着るほどに風合いは変化し
着尽くしたあとは自然に還る服

シンプルなデザインから、ちょっと冒険的なものまで
たくさんの服がごらんになれます。

ご試着もたっぷりできますよ。

お気に入りに出会ったら、ぜひ買うことをおすすめします。
たぶんもう会えないと思いますので。

そんな一期一会のうさとの服なのです。

モモの家の仲間のまさやくんといっしょにお待ちしています。

日時 3月30日(金)〜4月1日(日) 午前11時〜午後19時(最終日は18時まで)
場所 スペースカシオペイア 大阪市淀川区西中島3-19-19寿ビル6Fサンワ電建内
   阪急「南方」御堂筋線「西中島南方」より徒歩1分

   地図はHPで http://cassiopeia.moo.jp/
 
  

お問い合わせ 090-3999-0304 cassiopeia (チドリ)
※カフェやランチはやっておりませんので、ご了承ください。
また、駐車場はございませんので、できるだけ電車でおこしください。


********************************
2012年3月より新しい場所でカシオペイアの活動をおこなっています。
今度の場所は交通の便はとってもよいところ。


試みのひとつとして
普段は会社事務所として使っている場所を
ときどき開放してみたいと思います。

たとえば ギャラリー、イベントスペース、秘密結社のアジト・・・・

喧噪の多い街の中にありますが、カシオペイアは異空間
あたたかい日差しにつつまれています。

ぜひともおこしくださいませ。



さかさま
 明日から3月なので
スケジュール調整したり、月末のやりのこしの仕事したりと
まぁ朝から人の出入りもバタバタあって、いっそがしいよっ!!
ありがたいけど。

先週、千里山東の場所は完全にきれいになりました。

で、新しいカシオペイアはまだ事務所のままです。
さて、どのように時々「ギャラリー」 「フリースペース」
となるのでしょうか??
それは私にもわかりません!

ですが、忙しいかたわらですが、
いるもの、いらないものを片付けていくのは
自分自身の整理がどんどんできていく感じ。

前の場所は、最初にドカンと場所をつくったスタートだったけど、
今度は整えながら、それが場所となっていくっていうプロセスな
ようですよ。

おもしろいわぁ、さかさまなのですね。さかさまの時間なのですね。

ものをさかさまに見ると、意外な発見があると思うのです。
ちょっと怖いけど、そう思うのです。

やっぱり時間が前にだけ進むというのは、人さまの思い込みだと思います。

うずまいて、ゆらめいて、過去も未来もなく
過去と未来しかない あやうい「今」を「わたし」という乗り物を借りて
生きている。生きていくのですよ。

というわけで、ぼちぼちと ね。